/> 手洗い石鹸もオーガニックで決まり!|キミエホワイトCM同好会

オーガニックとは有機栽培のこと

オーガニックとは有機栽培のことをいいます。
有機栽培とは、一般的に、化学合成農薬や化学肥料を使用しないで、有機肥料などの自然に近い肥料、生物の力、水、太陽など、自然のものを有効に使うことによって、土の持つ力を最大限に活かして栽培する農法のことをいいます。

オーガニックと呼ばれるものには、いくつかの条件をクリアしていなければいけません。
一つ目は、3年間、農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培していることです。
二つ目は、化学合成農薬や化学肥料は原則使用しないことです。
三つ目は、遺伝子組み換え原材料は使用しないことです。
四つ目は、放射線照射はしないことです。
五つ目は、合成添加物の使用制限です。

これら、五つの条件をクリアしてはじめて、オーガニックと呼ぶ事が出来るのです。
こんなに厳しい基準で作られたオーガニックが自然にはもちろん、体にも優しいのは、明らかです。
そこで、このオーガニックを使ったコスメが今注目されています。
特に、手洗い石鹸が注目を浴びています。
手荒れを起こしやすい女性には、とても優しい石鹸です。
自然のもので作られているので、お肌に優しく、刺激が少ないので、今人気急上昇の注目の石鹸です。

環境汚染が進む昨今、自然を大事に、自然の循環システムを守ること、化学物質による自然環境への負担をできる限り無くしていくために、オーガニックを暮らしに取り入れることが世界中で必要となってきています。
自然に近い事は、人にも自然にもとても良い事だと認識されてきています。
手洗い石鹸も、オーガニックで決まりです。